プチバスケットボールの体裁戦見学に関しまして

小児のチームのスモールバスケットボールのカタチ戦があり、昼過ぎから2賭け眼を見に行ってきた。小児は2年生だから、出れないかもしれないが、1学年上の3年生であとあとが楽しみな子がいるので、ワクワクしながら見に行ってきた。その3年生が、6年生相手に一歩も引かず対応しているのがすごかった。とにかくディフェンス。ボールを簡単に持たせないし、万が一ボールを持たれても、重圧をかけまくっていた。抜かれても、歩きがはやくすぐに追いつきまた重圧ディフェンス。高学年になった時にどれだけうまくなっているのが楽しみになった。賭けは、負けてしまった。1賭け眼も負けてしまったので、これで敗退です。惜しくも高学年実況が活躍して得るという強くなると思った。なにか誇りなさげにプレイしているのが非常に気になった。セルフィッシュなレクレーションは決して褒められたものではないが、亭主たちは、野心がなさすぎる。再びあたしを信じて、強気に攻めてほしいと思った。小児は参加機会がなかった。スタートがあるのは来季以上かな。今は下地を必ず見に付けてほしいものである。ミュゼ 無料カウンセリング