書房という自宅での、音響用品の違いに気付いた毎日

最近は休みにライブラリーから、フジコ・ヘミング君のCDを借りて来ることが強みです。近頃もライブラリーにおけるフジコ君のCDを一部始終纏めて借りて来た。CDだけでなくフジコ君が執筆した図書も、フルセット借りて来た。そしたらライブラリーの画像観戦長椅子では、フジコ君の画像(って動画)を半日がかりで楽しむ。ライブラリーのスタッフにも大のフジコ君オタクだと言われ、驚かれてしまった。
フジコ君の公演は「訓練曲」や「前奏曲」という肩書きのつく曲の美味を、肩書き以上に引き上げてもらえるピアニストです。公演を聴く度に、「訓練曲」は「コンサート用の大曲」に、「前奏曲」は「メインの力作」になってしまう気がする。それはライブラリーで聴く時も、家で聴く時も貫く。
ただし、ノイズの聴こえ輩で気になることがあった。それは、ライブラリーといった自宅でのサウンド設備の違いです。設備が違う当たり、ノイズのサウンドが微妙に違うように感じる。私の場合は、自宅のサウンド設備はお世辞にも情けないので、フジコ君の公演が「フジコ君」らしく聴こえない。ライブラリーで聴くのと大溝です。
自宅でのサウンド設備も整えて聴く結果、公演の美味をさらに高められるかもしれない、と実感した毎日だった。ミュゼ 100円 期間