分娩しカラダも帰り、前会社に挨拶をしに行った太陽

両人目の子を出産して商売を辞めました。両人を育てながら正社員は精神的にも肉体的にもキツく感じたからだ。連日家に居て4カ月になります。こんなにも何もしないのは社会人になってからははじめてでした。4か月目に多少飽きました。以前から正社員は低い内輪商売を辞めたので、戻ってきてほしいとは言われていました。分娩を終え、ボディーが帰り、子の空気も良ければ又日雇いでも戻ろうと思っていました。ようやく倦怠になったの退職して4カ月目に前の職場に戻る事を決め、礼がてら訪問しました。皆歓迎して迎えてくれました。オーナーにも礼し、喜んで帰るのを迎えると言って頂きました。以前の様に毎日は動く事が出来ませんが、必要とされている事を実感し心地よく感じました。きちんと、顔見知りの皆さんも居られたので挨拶をし素早く戻っておいで、と声をかけてくださいました。これから、主人を言いくるめないといけないという大商売がありますが、出来る限り再就職したいと又もや思った一年中でした。https://www.sgpph.org/

ベンジャミン・フランクリンのことや電気の業者

電気について学習しました。アメリカのベンジャミン・フランクリンは、雷雲が静電気を帯びていると考え雷雲に向かってタコをあげ、タコの糸を伝わって生じる雷電放電による電気をライデンびん(電気をたくわえられるびん)にたくわえることに成功しました。また、主人は避雷針を考案しました。雷雲の中間を上に向かって吹くぶり(上昇気流)によって吹き上げられる雲粒(水や詳しい氷の粒)と、重力によって落下するあられ(氷の大きな粒)のスレによって静電気が生じあられが−、雲粒が+の電気を帯びます。こうしてためられた電気が一瞬のうちに土壌などに移動するイベントが雷鳴だ。静電気を地上や匂い中に流して、雷電の負傷を少なくするためにつくられていらっしゃる。導線の資材のメタルには、原子をはなれて自由に動くことの見込める電子(リバティー電子)があります。このようなことを学習しましたが知らないこともあったので、もっと電気のケースについて細かく引っかかるなと思いました。