罵声を浴びせてきた勝者から守ってくれたヤツ

幼児は、もうすぐ3歳になるのですが、便所発展がどうしてもかしこく進まず、3年でオムツをとるということにはならなさそうだ。でも、ある程度のクラスの小児でオムツをやる小児は特にいませんし、我家もどうにかなるだろうと思っていました。それなのに、3年過ぎているのにオムツを付けて要るなんて有り得ないと店頭のベテランに罵られてしまったのです。

身は、何か言い返そうとしたのですが、後輩という自分の現状のこともあって、言えずにいました。すると、そのベテランよりも再度上のベテランが、あんな名こそ有り得ないと叱ってくれたのです。身は、涙が出そうなくらい嬉しかったです。

そのベテランは、その場を立ち去っていきました。そして、叱ってくれたベテランは、小児の進歩が全て同じな目的弱いんだから気にしないのが至高だよと慰めてくれました。自分の小児も、こんな風に優しさの居残る人に育てたいとも思いました。むしろ身は、人に支えてもらいながら養育ができているのだと実感しました。